2021年07月28日

毛氈とパンチカーペットの違いについて

1.png

Q:毛氈とパンチカーペットの違いは?

イベントごとによく使用されることの多い毛氈やパンチカーペット。
毎年、イベントシーズンなどによくお問い合わせをいただきます。

まずそれぞれの商品を紹介していきましょう。

【 毛氈(もうせん)とは 】
IMG_6203.jpeg

羊毛などの獣毛を原料とし、熱や湿気、摩擦、圧力をかけて織物風に仕上げた敷物です。
厚さは1mm、2mm、3mm、5mmが一般的で、使用箇所により厚さを使い分けられることもございます。
高級敷物として奈良時代より使用され長い歴史があり、断熱、保温、クッション 性にも優れています。

2.png

その中でも2つの種類があり、純毛と呼ばれるウール100%の素材のものと混紡と呼ばれるウールとレーヨンなど化学繊維を混合したものがございます。
素材の違いより、混紡の方が価格を抑えられますぴかぴか(新しい)

表裏にあまり違いは見られないですね。わーい(嬉しい顔)
IMG_6207.jpeg

▼ 購入はこちら! ▼揺れるハート
https://www.wako-dou-store.com/shopbrand/mosen#itemwrapper


【 パンチカーペットとは 】
IMG_6205.jpeg

パンチカーペットは、繊維を針で刺して絡み合わせた不織布のカーペットです。
厚みはだいたい2mm程ですが耐久性に優れています
カラーバリエーションに富んでおり、さまざまな分野で活躍します。
加えて、安価な商品の為イベントの消耗品として使用されるケースが多いです。

裏面はこんな感じです。
IMG_6206.jpeg

▼ 購入はこちら! ▼揺れるハート
https://www.wako-dou-store.com/shopbrand/punchcarpet#wrapper


A:似たような商品ではございますが、見た目や触り心地も全く違う商品です。

毛氈は原料獣毛なので肌触りがよく、かつクッション性があるので使い心地がいいです。
敷くとぐっと高級感がますので、お寺や旅館、お茶席、結婚式場やひな壇など様々な場所で使用されています。

パンチカーペットは耐久性があるので外にも使用できますので
野外イベントなどに大活躍しそうですね!ほかにも展示会、イベント、結婚式場、舞台や公共施設などに使用されています。
posted by wakodo at 14:37| Comment(0) | Q&A

フロアタイル・タイルカーペット・クッションフロア、接着剤必要!?


無題.jpg

よくあるご質問の中に…

●フロアタイルに接着剤いりますか?
●タイルカーペットは接着剤必要ですか?
●クッションフロアは置くだけで大丈夫ですか?


と頂戴しております。

答えとしては…

A.特に接着剤不要と明記がない商品に関しては、
基本的に接着剤での施工となります!!


フロアタイル・クッションフロアは厚みが2〜3mm程度(クッションフロアは1.8mm〜2.5mm程度)と薄い商品であることや、素材が塩ビ素材のため
温度差によって伸び縮みしやすい商品となります。
そのため、接着剤での固定が必要となります。

タイルカーペット向けの接着剤は数回張替えることができるよう、べたべたと粘着性のある接着剤です。
この接着剤を「ピールアップ」といいます。
汚れた部分は簡単に取り換えが可能です☆
こちらも温度差によって伸び縮みしてしまうことや、タイルカーペット同士が突き上げてしまう可能性もあること、
浮いたりずれたりする可能性があるため、接着剤での施工を推奨しています。

中には賃貸で接着剤が使えない…って方もいらっしゃるかと思います。
今までお話を伺った中では、接着剤で止めずに敷き詰める方や
両面テープで簡易的に施工しました!って方もいらっしゃいました。

こちらはあくまでもメーカーの推奨施工外となるため、ご判断にお任せする形とはなりますが
賃貸でも施工できないことはないと思います!

また接着剤を使用できない方に向けての商品もございますわーい(嬉しい顔)

★接着剤不要フロアタイル
★住宅向けタイルカーペット


どちらも裏面にすべり止めや裏面が吸着素材がついており、めくれや滑らないよう対策している商品ですexclamation×2

またクッションフロアに関しては、接着剤不要の商品はございませんふらふら




インテリア内装材激安販売


和幸堂


和幸堂【本店】


posted by wakodo at 11:11| Comment(0) | Q&A